With a Rattan (籐材料、ラタン製品の専門店)籐製品の福島工業

四つ目編み60cm幅(ナチュラル)1M

籐材料 四つ目編み
60cm幅









手芸材料、籐四つ目網、椅子の座、背もたれの張替え用です。
幅 60cm
長さ 最長15M
ご注文は、1M単位でお受けしております。


購入数の単位は、メートルです。
2メートル必要な場合は、購入数を「2」にしてください。


椅子に張っているラタンシートがやぶれた。


直したい、でも直す所がわからない


修理代が高い


ぜひ、一度このページを読んでください




椅子に使用されるラタン・シートとは、主に二種類です



 かごめ編み

 網目の大きさが二種利あります

二分の一インチ・・・・・・約2.5cmに穴の目が2個入ります

八分の三インチ・・・・・・約2.5cmに穴の目が三個入ります

ラタン・シート(かごめ編み)の幅は、45cmと60cmです





四つ目編み

ラタン・シート(四つ目編み)の幅

 45cmと60cmの2サイズ





 押さえ用丸芯(ラタン・コア)

 太さ

 4.0mm、4.25mm、4.5mm、5.0mm、5.5mm

椅子の溝の幅より少し狭いものを使用します
*仮押さえをする場合は
本押さえよりも
 (0.25〜0.5mm)細い仮押さえ用の丸芯をご用意下さい。


押さえ用丸芯を叩き込む時のあて木

かなづち

幅3mmのノミ

溝をつけるためのローラ

網戸用のローラをサンドペーパーで、出っ張りを削る




以上、必要な道具と材料です。

その他に用意する物

 木工用ボンド、クリアラッカースプレイ、着色用オイルステイン(色を付けるとき)

千枚通し(溝にステープルが打っている時、抜くのに使用)

カッターナイフ、ラジオペンチ(釘を抜くとき)


それでは、始めましょう






 やぶれたラタンシートを切り取ります




 カッターナイフで木と丸芯の押さえの間に切り込みをいれます。

ノミで押さえを削り取るとき、周囲の木がカケルのを防止





 ノミで溝を掘っていきます。

これが一番たいへんです。

周囲が、かけないように注意してください。





溝をきれいに彫ります。

溝の中にステイプル(ホッチキス)が有る場合があります。





千枚通しでステイプルをぬく





 すべて取り除いた溝です





さあ、ここまでくればあと少し。

ちょっと、一休み。







溝に押さえ用の丸芯(ラタンコア)が入るか確認する。

溝より少し細いくらい。

太い時は、サンドペーパーで削る



 水またはお湯に10分ほど漬けた四つ目網(ラタン・シート)を置いて、溝の上からローラで押さえ込む。

この時あまり一度に強くローラーで押さえ込むと
ラタンシートが切れる場合が有りますので
気をつけて下さい。




*この時少し細い丸芯でボンドを流し込む前に
一度仮押さえをするとより綺麗に溝が出来て
本押さえがやりやすくなります

仮押さえの丸芯を取り除いて、
出来た溝に木工ボンドを流し込みます






 押さえ用丸芯(ラタンコア)を上から叩き込みます







カッターナイフで余分な部分を切り落とします






 指で溝の上をきれいに整えます。余分なボンドもとります






 ラタンシートの張替え完成です。ボンドが透明にに乾くまで日陰で乾かします。

直射日光やドライヤーは避けてください。

急激に乾燥すると押さえが外れる場合があります。

半乾きの時に丸芯が浮いていないか確認して
浮いていたらもう一度叩いて下さい。


いかがでしたか?

さあ、貴方も挑戦してみませんか?

ラーメン店のおじさんはお店の椅子を張替え、うまく、やすく出来たと喜んでいただきました。

海外で買ってこられた思い出の椅子が修理できた方

100人以上の方が行われています。

わからないときは、お問い合わせください。

きっと出来上がりにあなたもご家族も満足されるでしょう。

材料(ラタンシート、ラタンコア)のお買い求めは、こちら

籐の張替え旧のページはこちら

ラタンシートの違い

病は気からで紹介されました


修理に関するお問合せ先


TEL : 0748−37−6077


Email : info@rattan-club.com


アドレスをコピーされる時は、@を半角にしてください。

体験記はこち

四つ目編み









Y-60


型番 Y-60
販売価格
3,240円(内税)
購入数